不動産やマンション管理は専門業者~上手な管理にテンションアップ~

Real Estate

快適な生活

マンション管理の主役は住民です

building

従来の日本の家屋と言えば一戸建て住宅が生涯の住処と考えられていて、マンション等の集合住宅への居住はその前段階と見られていました。しかし、不動産が必ずしも安定資産ではなくなる一方でライフスタイルも大幅に変化した近年、利便性からマンションにおける居住を好む人口も増えてきました。永住も珍しくなくなった現在、マンションの住環境を快適にするためには住民による共同管理が重要になりますが、多人数による非効率性が課題になる傾向にありますから、大抵はマンション管理会社に業務を委託して円滑な環境作りが図られることが一般的です。しかし、マンション管理会社は業務として行う訳ですから住環境の改善を図るためには住民が積極的に関与すすることが大切です。

利用料金はマンション管理会社次第です

マンション管理会社の業務とはマンションの清掃や通路の照明器具を始めとする消耗品の管理等多岐にわたります。業務委託料金は分譲マンションであれば住民から管理費を集めて、賃貸マンションであればマンション所有者からマンション管理会社に支払われます。しかし、市場に出回っている様々な製品の価格相場と違ってマンション管理会社への委託料金は各会社の業務内容の範囲や方法に応じて変化するため、一定の水準が定まっている訳ではないと言われています。価格が高いから質が良いと言う訳ではない一方で、安いから不満が多いと言う訳ではない傾向にありますが、一般的には分譲マンションの管理費は一戸当たり1万円前後、賃貸マンションであれば入居者からの家賃収入額の5%程度が多いようです。